お知らせ

お知らせ&ブログ

猫の飼い主様に聞いたフィラリア予防の方法

2019.05.16カテゴリ|ブログ

こんにちは。
松井山手動物病院看護師の辻井です🐈
 皆さんは、ねこちゃんもフィラリアに感染するってご存知ですか?

hukusuifir1

↑このヒョロヒョロしているのがフィラリアです!

フィラリアは別名「犬糸状虫」とも言われ、犬に感染することで有名ですが、実は猫にも感染します
フィラリア症とは、が媒介する病気です。フィラリアをもった蚊に咬まれることで体内に入り成虫になると肺動脈や心臓に寄生します。犬の場合初めは無症状のことが多いですが、進行していくにつれ循環器や呼吸器に影響を及ぼし、血液の流れがうまくいかなくなり致死的な状態になる可能性もあります。
猫ちゃんの場合もともと肺動脈や心臓が小さいため、たった1匹フィラリア成虫が死滅しただけで血管に詰まり突然死する可能性もあります。
フィラリアに感染した猫の約4割が室内飼育だったという報告もあるので、室内飼育の猫も注意が必要です。

フィラリア症はしっかり予防すれば防ぐことができる病気ですので、ワンちゃんもネコちゃんもしっかり予防してあげましょう!

猫のフィラリア予防は当院では背中に垂らすスポットタイプの予防薬があります。
5月~12月の間、毎月背中に垂らすことで簡単に予防ができます。

 

ここでねこちゃんの飼い主なら疑問が出てくるかと思います。
「背中に垂らすだけっていうけどうちの子嫌がってできないかも・・・」

実際、うちの空斗くんもつけると嫌がって首を振ってしまいます。
首を振った勢いで私の目に入り、空斗くんと二人でパニックになることも・・・(^^;

そこで、当院定期的にフィラリア予防を行っている方にどうやってフィラリア予防を行っているか聞いてきました!

①寝てるところにこっそり・・・
→寝てる時にこっそり忍び寄ってお薬を付けるそうです。

写真 2018-10-12 21 32 31

②二人で協力して!
→一人が抱っこして、一人がお薬を付けます。一人で行うと警戒されやすく逃げやすいので、抱っこが好きなねこちゃんは誰かに協力してもらうといいですね(*´▽`*)

③チュール作戦
→うちでも行っているのですが、チュールを食べて貰っている間に後ろからお薬を垂らします。
うちの場合途中で気づかれて逃げていくこともありますが、さすが魔法のチュール。最終的にはチュールの誘惑に負けて近づいてくれます(*´ω`)

写真 2019-05-10 21 30 24

④病院に来院
→健康チェックついでに毎月フィラリア予防でご来院される方もいらっしゃいます。病院だとじっとしている子が多いので、確実に薬をつけてあげることができます。

 

今、フィラリア予防薬とまとめて購入するとお得なキャンペーンを行っております!

詳しくはここをクリック
キャンペーンは5月末までですのでご注意ください。

 

~京田辺・八幡・枚方・長尾の動物病院なら松井山手動物病院まで~
地域の皆様にとって、信頼・安心できる病院に。

 

0774-94-6116

〒610-0354 京都府京田辺市山手南2丁目1-3
E-mail. info@matsuiyamate-ac.com

Calooペット

0774-94-6116

〒610-0354 京都府京田辺市山手南2丁目1-3
E-mail. info@matsuiyamate-ac.com

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る