お知らせ

お知らせ&ブログ

うちの子のダイエット方法!!

2019.06.14カテゴリ|ブログ

こんにちは。
松井山手動物病院看護師の辻井です🐈

 

さて、今回はダイエットについて少しお話させていただきます!
皆様は獣医師から、「ダイエットしてくださいね」と言われた経験はありますか?
実は、お恥ずかしながら私もそのひとりです・・・(-_-;)

IMG_0575

その時の空斗くんの体重は5.9kg
そこからダイエットを開始して3年ほど経ちますが、今は4.5kgまで減量することが出来ました!!
まだまだベスト体重にはなっていませんが、約24%体重を落とすことができました(*´▽`*)
現在もダイエットは継続中です(^^♪

では何故、体重が増えてしまったのか?
空斗くんの場合、理由は3つあります。

一日のごはんの量を把握していなかった
→空斗くんが「ごはん頂戴!」という度にあげていました・・・(;^_^A

いつ」「誰が」ごはんをあげているか把握していなかった

去勢手術後も手術前と同じ量をあげていた
→去勢・避妊後はホルモンの関係で太りやすくなります。しかし、定期的な体重チェックとごはんの調整で体重増加を防ぐことができます。

 

この3つをふまえて、うちでは2つの方法でダイエットにチャレンジしました!

自動給餌器でフードの量をコントロール
自動給餌器とは、決まった時間に決まった量のフードが出てくる機械です。
今使っているのはまとめてフードを入れておくタイプのものですが、一回分ずつに分けて入れるものやカメラ機能がついているものもあるようです(^^♪
これにより、「いつ・誰があげているか分からない」ということが無くなり、「ごはん頂戴!」と言っても貰えない為、催促の回数も減りました。
☆一頭飼いだと自動給餌器で食事量のコントロールがしやすいですが、多頭飼いだと別の子が食べてしまう可能性があるため、コントロールが難しいかもしれません(*_*)

IMG_0574

減量用の療法食に変える
自動給餌器に変えてから徐々に体重は落ちていきましたが、その後しばらく体重が落ちず悩んでいました。
「体重は減らしたい!でもフードの量は減らしたくない!」ということで、 市販のキャットフードから、当院で取り扱っている減量用の療法食に変更しました。
今、うちではロイヤルカナンの満腹感サポートを使っています!
体重減量に特化したフードを使うことで、また少しずつ体重が落ちていくようになりました(*´▽`*)
☆減量用の療法食を購入をご希望の際は獣医師に相談しましょう。
わんちゃん用の減量用療法食もあります(^^♪

IMG_0577

 

 

今日は空斗くんが実際に行ったダイエット方法をお話させていただきましたが、このダイエット方法で全員が必ずしも効果が出るわけではありません。あくまでも参考として見て頂ければと思います(^^♪
定期的な体重チェックや獣医師の指導のもと、その子に合ったダイエット方法で楽しくダイエットしましょう!!

 

~京田辺・八幡・枚方・長尾の動物病院なら松井山手動物病院まで~
地域の皆様にとって、信頼・安心できる病院に。

0774-94-6116

〒610-0354 京都府京田辺市山手南2丁目1-3
E-mail. info@matsuiyamate-ac.com

Calooペット

0774-94-6116

〒610-0354 京都府京田辺市山手南2丁目1-3
E-mail. info@matsuiyamate-ac.com

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る